導入事例

  • ホーム
  • 導入事例
  • 立命館大学びわこ・くさつキャンパス(BKC) コアステーション熱源設備

立命館大学びわこ・くさつキャンパス(BKC)
コアステーション熱源設備

実施概要


立命館大学びわこ・くさつキャンパス(BKC)
発注者 学校法人立命館
実施期間
2006.12~2008.4,
2008.4以降は定期レポート

当社が立命館大学に対して実施した最初のコミッショニング業務である。大学管理棟、研究棟、教室など大学諸用途の建物10棟に空調用冷温水を供給する熱源設備を対象としている。当初は、熱源冷却水ポンプ(696m3/h,110kW)の老朽化による“単純更新(=深く検討せずに単純に同能力・同機種へ更新すること)”が検討されていたが、この更新工事に付随し熱源システム全体の省エネルギー性能を向上させるための計画を行うことになった。BEMSデータを活用した熱源システム全体の機能性能検証を行い、その結果を基にした省エネ対策を実施・導入検証を行った。検証の結果、単純償却年数(= イニシャルコスト/エネルギーコスト削減量)が1.3年という効果の高い省エネを実現した。

本業務は、設備の老朽化更新を行う際、単純更新してしまっては、それまでの運転実態を省みることなく実施することになるため、更新後のエネルギー削減のチャンスを逃してしまう。老朽化更新に付随して、コミッショニングを実施することが、省エネルギー性能をより向上させるには重要であることを示した。

このページの先頭へ

対象設備概要

  • 大学管理棟、研究棟、教室など多岐にわたる用途の大学施設建物10棟に空調用冷温水を供給する熱源設備。
  • 685RTのガス吸収冷温水機3台のツーポンプシステム

このページの先頭へ

実施事項

1. BEMSデータの解析と省エネ対策案の立案


2. 省エネ対策工事の実施

【対策内容】

  1. 熱源能力カットと冷却水ポンプの小容量化更新及びインバータ化
  2. 冷温水2次ポンプ台数制御パターン変更
  3. 圧力逃がしバイパス配管系統の変更

3. 実施後効果検証業務(1年間+その後、月毎に効果レポート提出3年以上)


このページの先頭へ

実施スケジュール

既存機能性能検証・
対策検討期間
2006年12月~2007年1月 (BEMSデータの解析)
省エネ対策工事期間
2007年3月10日~4月25日
効果検証期間 導入初年度検証 :2007年5月1日~2008年4月30日(1年間)
2年め以降の検証: 2008年5月~、月毎に定期レポート

このページの先頭へ

対策実施コスト(受注金額)

¥15,600 [千円] (老朽化更新として必須であった冷却水ポンプ更新部分は除いた、省エネ対策部分のみの費用)

このページの先頭へ

対策効果

年間エネルギー削減効果(2006年(実施前年)比2007年(実施後))

  • 1次エネルギー換算  : 8939 [GJ/年]  (換算係数:電気/9.76MJ/kWh,ガス/45MJ/m3
  • 削減コスト     : 11,940 [千円/年]  (換算係数:電気/12円/kWh,ガス/90円/m3
  • 単純償却年数    : 1.3 [年]
  電力消費削減 ガス消費削減
削減量
778,821 [kWh/年]
37,064 [m3/年]
削減コスト 9,346 [千円/年] 2,594 [千円/年]
CO2削減 263 [t-CO2/年] 85 [t-CO2/年]

このページの先頭へ

対外発表(学術論文・雑誌・シンポジウム/セミナー等発表)

このページの先頭へ