導入事例

立命館アジア太平洋大学(APU) 熱源設備

実施概要


立命館アジア太平洋大学
発注者 学校法人立命館
実施期間
2010.12-2012.4

立命館大学びわこ・くさつキャンパス(BKC)の省エネ対策時に開発した「熱源低負荷運転回避制御」、「熱源最適運転制御」と立命館宇治中・高等学校の省エネ対策時に開発した「熱源一次ポンプ余剰圧力活用制御」を立命館アジア太平洋大学(APU)の熱源設備に水平展開し、同制御を導入した他案件と同様に高い削減効果が得られた。

このページの先頭へ

対象設備概要

  • 2000.4に開学した立命館アジア太平洋大学(APU)の熱源設備
  • ガス吸収冷温水発生機(600RT)2台のツーポンプシステム。冷温水2次ポンプは4台あり,内1台にはインバータ
  • 大学管理部門棟,研究棟,図書館,講堂,教室棟,食堂物販棟の6棟に空調用冷温水を供給
  • 二次側の空調設備は,外調機,空調機,ファンコイルユニットであり,全て二方弁制御

このページの先頭へ

実施事項

1. BEMSデータの解析と省エネ対策案の立案


2. 省エネ対策工事の実施

【対策内容】

  1. 冷却水ポンプにインバータ設置
  2. 熱源システム自動制御改善
  • 熱源一次ポンプ余剰圧力活用制御(本物件での開発制御法)
  • 熱源低負荷運転回避制御(熱源台数制御0台運転制御)
  • 冷却水ポンプインバータ制御

3. 実施後効果検証業務(1年間)


このページの先頭へ

実施スケジュール

既存機能性能検証・対策検討期間 2010年12月~2010年1月(BEMSデータの解析・現場実験・計測)
省エネ対策工事期間  2011年2月20日~4月20日
効果検証期間・導入初年度検証 2011年5月1日~2012年4月30日(1年間)

このページの先頭へ

対策実施コスト(受注金額)

¥12,600 [千円]

このページの先頭へ

対策効果

年間エネルギー削減効果(2007年(実施前年)比2009年(実施後))

エネルギー消費量
削減量
電気 / 227,320 [kWh] ガス / 12,250(m3)
1次エネルギー換算
2,770 [GJ/年](換算係数:9.76MJ/kWh,45MJ/m3)
削減コスト 4,590,000 [千円/年](換算係数:電気/14円/kWh,ガス/115円/m3)
単純償却年数 2.8 [年]

このページの先頭へ

対外発表(学術論文・雑誌・シンポジウム/セミナー等発表)

BSCA10周年記念シンポジウムin関西(2013年7月30日開催)の発表時にAPU事例を紹介

このページの先頭へ