導入事例

中央監視・自動制御システム:京都産業大学壬生校地

実施概要

  • 節電・省エネを意識した照明・空調設備の運用を行う中央監視・自動制御システムを導入した。
  • 多回路電力モニタ装置(三菱電機製、EMU)により室外機毎の電力量の計測ポイントの取込みを実施。
  • 当社で開発したビルマル空調システム(EHP・GHP)の最適制御(低負荷運転回避、最適COP制御)の導入、各設備区分別のエネルギー消費量をリアルタイムでモニタできるエネルギー監視画面制作など、本建物建設ゼネコンである竹中工務店と協議しながら、エネルギーマネジメント機能が充実したシステムとなった。

建物概要

京都産業大学壬生校地
  • 用途:学校施設、ホール・展示室
  • 所在地:京都府京都市下京区中堂寺命婦町1-10
  • 竣工:2012年2月
  • 延床面積:約34,948m2
  • 規模:地上4階
  • 事業主:京都産業大学

設置システム

  • 中央監視システム
  • 自動制御システム
  • BEMS

このページの先頭へ