導入事例

  • ホーム
  • 導入事例
  • 同志社大学今出川キャンパス 良心館 実運用段階イニシャルコミッショニング

同志社大学今出川キャンパス 良心館 実運用段階イニシャルコミッショニング

実施概要

2013年1月に竣工した同志社大学今出川キャンパス良心館(写真:外観)では、当社は中央監視設備・BEMSの設置工事を実施した(リンク)。本工事の中央監視設備特記仕様に、「竣工後3年間コミッショニングを実施すること」があり、現在実運用段階でのイニシャルコミッショニングを実施中である。本建物は、氷蓄熱システム、ターボ冷凍機、ガス吸収冷温水機の3種類の熱源をもつ電気・ガスミックス熱源システムを持つ。コミッショニングは、主にこの熱源システムの性能検証が目的である。1年目の当社の業務は、BEMSデータを1ヵ月に1回取得し、予め設計者(東畑建築設計事務所)と協議して決めた運転状況の可視化(グラフ化)方針に従って、レポートを作成し設計者に報告するという業務である。レポートは、多くの計測・計量ポイントデータによる設備区分別、部屋用途別のエネルギー消費量仕訳と熱源システムの運転状況分析結果を示している(PDF添付リンク)。2年目以降は、1年目の運転状況の結果に基づき、自動制御設定値の再チューニングを行い、その性能検証を実施する予定である。

同志社大学今出川キャンパス 良心館外観同志社大学今出川キャンパス 良心館外観
熱源システム系統図熱源システム系統図

建物概要

  • 規模 地上4階(一部5階)、地下1階(一部2階)、塔屋1階
  • 延床面積 40,273m2
  • 主要用途 大学

発注者

コミッショニング業務は、本工事中央監視設備工事に含まれる

実施期間

2013年4月から2016年3月(予定)

対象設備概要

主に熱源設備

実施事項

BEMSデータに基づく分析レポーティング、制御チューニング改善提案

対策実施コスト(受注金額)

¥3,000,000(本工事に含まれる)

対策効果

現在レポーティング継続中

対外発表(学術論文・雑誌・シンポジウム/セミナー等発表)

  • 電気設備学会誌
  • 建築エネルギー懇話会会報 建築とエネルギー

このページの先頭へ