製品・サービス

コミッショニングプロセス業務

コミッショニングとは

コミッショニングとは、「ビルシステムの実性能の持つべき要求性能を規定し、新築ビル導入や既築ビル運用においてその実性能が要求性能や基準に合致しているかを検証して記録し、合致していなければ改善するといった品質志向のプロセス」である。
コミッショニングの種別としては,新築建物に対して行うイニシャルコミッショニング(Initial-Commissioning)と既築建物に最初に適用するレトロコミッショニング(Retro-Commissioning)がある。また、イニシャルコミッショニング後やレトロコミッショニング後に、定常的な運用段階において連続的に適用する継続コミッショニング(Continuous Commissioning)がある。
当社は、主にレトロコミッショニング、継続コミッショニングを実施している。特に、中央監視設備、自動制御設備更新計画も合わせて当社で実施している。
→コミッショニングとは

このページの先頭へ

コミッショニング資格者

 建築設備コミッショニング協会・賛助会員
CxPE資格者1名、CxTE登録者2名
 →BSCA HP CxPE・CxTE

このページの先頭へ

当社のコミッショニング業務の特徴・得意分野

・BEMSデータの分析・不具合検知業務

・分析結果に基づく自動性設定調整チューニング、制御改善などの対策(ローコスト省エネ対策)

→中央監視・BEMS・自動制御システム構築メーカでもあるため、システムリニューアル時に合わせて、レトロコミッショニングを実施することが多い。

・現地計測・データ整理業務

【対象—ターゲット】

  • 建物:既築業務用ビル(学校・病院・ホテル)
  • 空調設備: 非蓄熱ツーポンプ方式・ワンポンプ方式熱源システム、水蓄熱式空調システム,個別空調方式(EHP,GHP)

【実施タイミング】

  • 中央監視・自動制御更新気運が高まっている
  • 熱源機の更新検討に入っている
  • 省エネ・節電対策を実施検討している
  • 第2種もしくは改正省エネ法による新規規制対象事業者となったところ
  • 省エネ法対象施設となり、管理標準等の資料作成を求められている。⇒ 計測強化が必要

このページの先頭へ

コミッショニング実施事例リスト

No. 実施年 件名 実施事項
1 2007-2008 立命館大学びわこ・くさつキャンパス(BKC)
コアステーション熱源設備
レトロコミッショニング.→制御改善対策→継続コミッショニング.
2 2008-2010 立命館大学びわこ・くさつキャンパス(BKC)
アクロスウイング棟 熱源設備
レトロコミッショニング.→制御改善対策→継続コミッショニング.
3 2009-2010 立命館宇治中・高等学校 熱源設備 レトロコミッショニング.→制御改善対策→継続コミッショニング.
4 2006-2009 関西電力原子力事業本部 水蓄熱式空調システム レトロコミッショニング.→制御改善対策→継続コミッショニング.
5 2006- 武庫川女子大学 中央キャンパス・浜甲子園キャンパス レトロコミッショニング.→継続コミッショニング.
6 2009-2010 (独)建築研究所個別空調検証 計測業務委託 機能性能検証(現場計測・分析業務)
7 2010-2011 松坂屋静岡店 熱源設備 レトロコミッショニング.→熱源更新工事の自動制御→イニシャルコミッショニング.
8 2010 京都大学 吉田キャンパス RI実験棟 レトロコミッショニング.→制御改善
9 2010 環境省「「温室効果ガス削減ポテンシャル診断」補助金事業
「理化学研究所筑波研究所の診断」を実施
レトロコミッショニング.(分析・提案のみ)
10 2011-2013 立命館アジア太平洋大学(APU) 熱源設備 レトロコミッショニング.→制御改善対策→継続コミッショニング.
11 2011-2013 立命館大学びわこ・くさつキャンパス(BKC)
コラーニングⅠ棟熱源設備
レトロコミッショニング.→制御改善対策→継続コミッショニング.
12 2011-2012 立命館大学衣笠キャンパス 洋洋館 熱源設備 レトロコミッショニング.→制御改善対策
13 2011-2012 京都駅ビルコミッショニング事業 テナント現地計測・分析 機能性能検証(現場計測・分析業務)
14 2012 立命館大学びわこ・くさつキャンパス(BKC)
エポック立命21、ローム記念館 空調設備
レトロコミッショニング.
・空調改修工事の自動制御
15 2013.5-2017.3(予定) 同志社大学今出川キャンパス 良心館 イニシャルコミッショニング.
16 2013- 京都駅ビル 冷熱源システム レトロコミッショニング.→運用改善

このページの先頭へ