研究開発

  • ホーム
  • 研究開発
  • 研究開発事例:立命館大学グリーンコンソーシアム 空調設備の省エネ制御法の開発及び自然エネルギー(地中熱・太陽熱利用)の最適化に関する研究

立命館大学グリーンコンソーシアム
空調設備の省エネ制御法の開発及び自然エネルギー(地中熱・太陽熱利用)の最適化に関する研究

研究・開発委概要

立命館大学は、びわこ・くさつキャンパスに新築される理工学部新棟(2014年3月竣工)を実験フィールドとし、立命館大学との共同で研究を行えるグリーンコンソーシアムが立ち上げられ、参加企業の募集が行われた。当社は、これに参加し、空調設備の省エネ制御法の開発と、新棟に導入される自然エネルギー(地中熱・太陽熱利用)の最適化に関する研究の2つのテーマを提示し参加を表明し、受理された。建物竣工(2014.3)後に研究がスタートする。

研究・開発委託元

当社研究

共同研究者

立命館大学

研究期間

2014.4~

研究成果・意義等

2014年度から研究開始

対外発表(学術論文・雑誌)

無し

特許等

無し

このページの先頭へ